RK ステップワゴン の キャンプに対応させる 車中泊仕様 の考察

イレクターベッド カーテン・シェード バグネット(網戸) 室内灯LED化 
リアゲートオープナー ポチガー グリップの取り付け  レベライザー
電源/TV解除 バックソナー 静電気除去装置
サイドテーブル 
 番外編 ミニバン 自作ドアスタピライザー    

4Way 自作 ベッド 構想
近年のミニバンは座り心地重視のバゲットシート形状が多くなり、フルフラットシートにしても凹凸で就寝は辛いだけです。車中泊だけであれば、シートの凹凸段差をマットなどで出来るだけ埋めて、厚み(5~10cm)のあるインフレータブルマット/ビーズマット等を使い凹凸の収差を埋めれば寝れば何とかなります。

私の求める車中泊仕様は、キャンピング仕様の車内ギャレー(コンロや水回り)トイレ等は不必要だが、寝心地の良い2名就寝可能の完全フラットなベッド(1800×1200)と併せて、キャンプギアの収納スペースも欲しい。
シート自体でほぼフラット空間が作り出せた1997年初代RF1ステッピーも(2015.10月/17年目・125000㎞)車検前でお役御免となった。

2015年5代目ステップワゴンが発売。3列目シートの床下収納は引き継がれるものの2列目はキャプテンシートが標準仕様になりV型収納。ベンチ型のタンブルシートはオプション扱いの上、これもキャプテンシートと同様のV 型収納に変わってしまった。
キャンプギアの積載性とベッドを両立させるには、後席にイレクターによる荷台/フラットベッド兼用とベッド下の収納量を確保したい。
其の為には、4代目ステップワゴンのタンブルシート方式がベスト。【ベット下には、高さ53cmのコンテナBOXを収めたい】【キャプテンシート型も2列目背面を後ろに倒してのフラット化も出来ますが、ベッド下収納量が大幅減少、ベッドフレーム部材も増えるので却下】
但し、ベッド下収納量を稼ぐ為、ベッド面より天井までの空間は犠牲となり90cm程度の高さ。 軽のハイルーフ仕様の方が室内高はあり、ステップワゴンにもスカイルーフよりハイルーフ仕様があればベストだった。
この様な事から、4代目RK1ステッピー(前期型09年33000㎞)に乗り換えるもベッドが完成するまでも無く10日目で一旦停止無視のノーブレーキのミニバンに左側面に突っ込まれ交差点の端迄ド~ン!と持っていかれ見事に廃車。
その後、病院通いの中、後期型12年51000㎞のRKタンブルシート型に乗り換える。
アイドリングストップ仕様になってしまったので、充電制御方法が不明なのでサブバッテリー設置は様子見。

目指すベッドスタイルは、解体した時の収納も考え、少ない骨組みで4Wayの使い方ができるベッド。
通常時は5名乗車スタイルとし
1.『上下2室の荷室』
2.『ベッド部分は3人乗り+シングルベッド』
3.『ダブルのフラットベッド(180×120)』
4.『シングルベッド(180×60)+自転車収納』

今回2か月の間に4代目ステップワゴンの前期モデル→後期モデルと乗り継ぎましたが、CVTの設定は別物でした。
前期モデルのECONボタンは、確かにエンジン回転を落としガソリン消費を控えさせますが、アクセルを踏んでもモサ~とした出足で車線変更も憚られるものでしたが、後期モデルは改善がされ、ストレスがかなりなくなっております。
4代目RKで選ぶとした後期モデルの方が断然良いと思われる。

RK1 ベッドフレーム と 補強
サードシートは両側跳上げ式でなくクルリンパと床下収納により、フラットな5ナンバー最大級クラスの収納スペース空間が出現。
スチールジョイントは少ない部材点数で、強度もあり部材が軋むような事もありません。
取り外しできるフレームも足元は固定されているので、急ブレーキで動くこともありません。

ベッド設置にあたり、フラットな床面へ変化したものの、サードシートはその荷重を、左右の回転ヒンジのみで支えています。この回転ヒンジで収納したシートは前後ブランコ状態の為、収納部分後方に荷重が掛かるとこの床面が沈み込み不安定になります。

そしてこのブランコ状態の沈み込みの抑え・ベッドの固定・荷重を分散させるための台座を、コンパネ2枚分からベット部分(180×120)を切り出した余り部材で前後分を作る。

◆後部積み込みボディー部分にも掛かる足横板で重量分散と固定化
◆前部足部分にも横板を入れる事により足場の不安定対策と固定化
◆横板には、ベッド足の支持(J-103)をビス止めし固定することでベッドのハメ込み固定化と剛性プラス(台座によりブレーキング等の荷重がかかってもベッド足は動きません)
◆7本の脚のなかで中央脚のみフリーでアジャスターによる高さ調整で最終調整できる状態としておく

収納したサードシート両端部はプラ構造体で横板にかかる重量を支える構造。この部分には十分な強度がないので支持縦板(コンパネ)をハメこみ縦方向の支えとします
ベッド足の横全長(110cm)
ベッド足の横全幅(107cm)(芯芯47・58cm)
ベッド板の横幅(55・65cm×180cm)
ベッド足の長さ(F45/R40㎝)

ベッド足が左右非対称なのは、収納するコンテナボックスの大きさに対応させるため
右側のメインベッドはベッド板を支える横バーを2本追加

ベッドフレームはイレクターパイプメタルジョイントを使い5名乗車状態のセカンドシートの後方に基本ベッドの足組を作ります。
【アルミの建築角材や2×木材で組む手もあるが、分割時の部品点数・部材容積はかなりの容量となり分解時でも邪魔になります】
セカンドシートは、固定支点ながら、前後スライドができますので足元の余裕と背面倒し角度のころ合いとタイヤハウスの出っ張りで基本ベッド部(荷台)の前後長は決まってきます
【※ベット面の水平を図ると、前後の足の長さは数センチ後方が短くなるので足の長さ調整に注意】
メタルジョイントプラジョイントより強度が得られ揺れもほぼありませんので少ない部材点数で作製する事が出来、部材点数も嵩張らない。また、分割がヘキサレンチ1本で可能な為、部材の後調整もできる。
※メタルジョイントは単価が高いですが、ヤフオクで探すと格安でも入手可能な事もあり。

1Way 上下2室のカーゴルーム

5名乗車状態
ベッド部分は普段カーゴとして使用する為、クッションを不要とする事もできるが、一般的な作り方として、フェイクレザー+クッション素材で作ってみた。
ベッドは、フルオープン状態にも出来る為、ベッド下へのアクセス可能。セカンドシートをタンブルさせれば前方からもアクセス可能
通常の5名乗車ではベッド板を荷台部分に重ねて置くか左右の隙間に縦置きも可

サードシートスペースは、上下2室のカーゴルームとして機能

■ベッド下のコンテナボックス容量
【43L×4BOX】+【68L×1BOX】=合計240Lとビック容量

2Way フルベッド

2名乗車状態
セカンドシート背面を前方へ倒しフラットにしたら、ベッド板を前方フレームに接続しシート背面に乗せる

これで120cm幅×180cm長のベッドを確保

ベッド幅はそれぞれ、55cm/65cm

クッションに使用したアイリスのラバーシートの寝心地も良いのですが、キャンピングエアマット(180×60×5cm)を入れるともっと快適な寝心地に

3Way シングルベッドとカーゴルーム

3名乗車状態

3名乗車+シングルベッド(180×65cm)+カーゴルーム

急なプラス1名乗車時にも即座に対応しうるこんな選択もできる

4Way シングルベッドとサイクルスペース
左側ベッドフレーム連結部分をヘキサレンチで外す事(約60秒)により

シングルベッド(ベッド下はカーゴスペース)+自転車搭載 等
ロード 1台(1車輪脱輪)

20インチ 1台搭載

折り畳み自転車 2~3台搭載


気ままなクルマでの車中泊・輪行一人旅もできる

ベッドあれこれ

2列目シート部分は、左右シート背面をベッドの台座とする事で十分対応できる。
しかし高低段差部分ができる為、2×材を挟むことでの簡単な収差調整とする(2×材にはズレ止めにマジックテープを貼る)
 

◆フェイクレザー(端材の巻物:160×約500cm程/一巻1000円 破格値)

◆クッション素材(IRISラバーシートRS-18910/2000円)
10㎜厚と薄いが高反発で底突きのない寝心地が得られる

◆20㎜厚もチョイスできるが、収納に嵩張るので使用せず。

後方4枚のベッド板は開閉式なので床下収納へのアクセスはすべて可能

ベッド下照明

LED室内照明の余りを使い、リア天井照明から配線を取り連動

夜間、ベッドした荷室のアクセスへの暗さは無くなり、荷物の判断には十分な灯りがとれます。
・イレクターパイプ
・イレクタープラジョイント
・メタルジョイント
・コンパネ
・ラバーシート
・フェイクレザー

総額15000円程度